一緒に読まれているコンテンツ

耳

補聴器はどれくらい長持ちするのか確認しよう

補聴器の販売店を探している方が興味関心を持っていることとして、第一に挙げられるのが「補聴器メーカー」に関するコンテンツです。国内メーカーや国外メーカーなど、複数存在するメーカーの善し悪しを調べる傾向にあります。

READ MORE
補聴器

優良な補聴器の販売店を見つけ出すためには

デジタルとアナログの「補聴器の聞こえ方の違い」に関するコンテンツも興味が持たれています。生活の質を高めるために必要な医療機器ですので、聞こえ方への疑問を解消したい方がほとんどです。

READ MORE
耳

適した選び方をすれば良い補聴器が手に入る

補聴器の形(耳穴式・耳かけ式)に関するコンテンツも多くの方に読まれています。扱いやすいものはどれか、価格の違いはあるのか、形の違いで聴こえ方が変わってくるのかなどを確認する方が見られます。

READ MORE

新着情報

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いを比較

今やデジタル補聴器が主流です。

国内で流通している補聴器のほとんどがデジタル化されています。小さな補聴器の中で、音のデジタル処理を可能としました。聞きとりにくい音域を聞き取りやすくすることや、雑音を減らす工夫が可能となりました。また音の方向が分かりやすくなる、音の立体感が分かりやすいといったメリットが生まれます。

アナログ補聴器でも十分に使えます。

一方アナログ補聴器は、デジタル処理ができない従来型の補聴器です。増幅器と調整器のみの簡単な信号処理しかできないため、聞き取りにくさやハウリングが生じることもあります。ですが、アナログ補聴器でも現在の技術が向上しているため、聴力に適したアナログ補聴器を作ることで、日常生活に支障が出ることはありません。

難聴者に欠かせないアイテムとは

難聴者にとって、コミュニケーションをうまく築けるかが生活の質を高める鍵となる場合があります。筆談や手話など、コミュニケーションツールはいくつか存在しますが、聴力が残されており、音を感じる・言葉を理解できる能力が十分であれば、補聴器で聴力を引き出す工夫も可能です。

[PR]補聴器の販売店を数多く紹介♪
最寄り店がすぐに探せる☆

[PR]補聴器が欲しいなら専門店へ!
保証サービスを提供してくれる

生活が一気に変わる補聴器を販売店などで手に入れよう

女医

補聴器の特徴について

補聴器の特徴は、聴力を補いたい側の耳・あるいは両耳に装着することで、明瞭に音を聞き取れるようになることが挙げられます。中でも、デジタルの音声処理が施される補聴器は、難聴者が「聞き取りにくい音」に焦点を絞りチューニングを施すことができますし、音の立体感や方向性が分かりやすくなるなど、健聴者に近い感覚で日常生活を過ごせるようになります。
価格帯に関しては、メーカーや機種グレード等によって大きく異なりますが、片耳1個20万円前後が一般的です。

補聴器をつけることで得られるメリット

補聴器をつけることで得られるメリットは多々あります。一つは「聴こえないストレス」を解消することができます。明瞭に聞こえるようになると、コミュニケーションが円滑に取れるようになるため、意思疎通がうまくいくようになります。また、音がどの方向から聞こえるか、太い音、うなるような音といった立体感も感じ取れるようになるため、音に対する感情も生まれることもあります。また、集中できるようになる・精神的に安定するという状態に変わることもメリットといえることでしょう。

広告募集中