補聴器はどれくらい長持ちするのか確認しよう

難聴の病気は若い人でも起こる

突然耳が聞こえなくなる「難聴」の症状は、年齢・性別問わず誰でも起こりうることです。一番多いのは、突発性難聴と言われる耳の病気です。一時的な聴力低下で、適切な治療によって多くの方が聴力を回復することができますが、回復せずに難聴、もしくは中途失聴という状態になる方も見られます。

補聴器と集音器の違いとは?

補聴器は「医療機器」として認められた製品

補聴器は、日本国内において「医療機器」として国に認められた製品です。厚生労働省が設けた基準を満たしている機種のみが「補聴器」として販売することができます。体内に用いる機械ですので、安全性が認められている事が前提です。

医療機器と認められていないのが「集音器」です

一方、集音器は「医療機器」として認められていない製品です。販売会社の安全基準は満たしていても、国の基準を満たしていないと捉える事ができます。集音器は安価で購入しやすいですが、体を傷つける恐れがある、聴力を補えないなどマイナス面が先行する場合も考えられるため、購入の際には注意をしましょう。

補聴器はどれくらい長持ちするのか確認しよう

耳

補聴器の寿命について

補聴器の寿命は約5年と言われています。バッテリーや電池を交換するだけではなく、定期的な清掃やチューンナップなどを施さなければ、5年未満で寿命を迎える可能性があります。補聴器の購入はできるだけお住まいのお近くにある補聴器販売店を利用し、定期的なメンテナンスを依頼できる環境を整えましょう。セルフメンテナンスも覚えることで、更に長持ちさせることが可能です。また、補聴器は高価な品物ですので、大事に使用し続けるよう工夫をすべきです。

長持ちさせるためのコツ

補聴器は水に弱い性質があります。お風呂に入る際や就寝時にはできる限り補聴器を外しましょう。外した際は、乾燥剤入りの専用ケースに入れて保管をします。また、一日の終わりには必ず専用のお掃除キットを用いて本体の清掃を行います。取り外しができる耳栓が付いている場合は水洗いをすると丁寧です。補聴器の販売店へ持ち込み清掃点検を依頼することも大切です。最低でも年に一度、半年~4ヶ月に1度を目安に定期的な点検を行うとよいでしょう。

広告募集中