適した選び方をすれば良い補聴器が手に入る

適した選び方をすれば良い補聴器が手に入る

耳

沢山の種類がある補聴器

補聴器には、耳の穴にはめ込む方式の「耳穴式」と耳に掛ける「耳かけ式」の種類があります。大きく分けると補聴器はこの2つのタイプに分類されますが、補聴器メーカーも多々あり、各社それぞれの特徴を掲げて商品展開を行っているので、沢山の種類があると捉える事ができます。先天的な難聴に対応できるよう骨伝導タイプの補聴器等も存在しているので、症状に応じた商品選びを行いましょう。

補聴器の価格と相場について

生活をフォローするための医療機器と、障害者総合支援法対応補聴器とは価格が大きく異なりますが、安価なもので3万円程度から購入することができ、デジタル方式の耳穴補聴器になると、片耳1つ30万円前後で販売されています。聴力の程度や聞こえにくい音の悩みをクリアにできる機能も必要となりますので、相場に応じた品物選びでは難が出る場合があります。

価格が高い補聴器と安い補聴器の違い

機能面でも納得できるものが購入できます

価格が高い補聴器の場合、低い音や高い音がより聞こえやすくなるようデジタル処理ができる機種が多くなります。また、大豆と同じくらいの大きさといった小型化が実現しているため、目立ちにくく使いやすいメリットもあります。

普段使いには支障がないスペックのものが多いです

安い価格帯の補聴器でも、デジタル補聴器などがラインナップされています。若干大きいといったデメリットがありますが、軽量化がなされている、おしゃれなデザインが多いというように日常使いには支障がないスペックが備わっています。

補聴器を選ぶ時の大事なポイント

補聴器を選ぶ時には、何よりも「自分の生活をより良いものに変えてくれる機能や形」であることを優先させなければいけません。価格やおしゃれさなどは二の次としてとらえましょう。補聴器販売店と相談をしながら、よりよい補聴器を選びましょう。

失敗しない選び方とは?

実物を見て、試着をしながら選ぶことが一番です。オーダーメイドができる機種か、体調や場所によって変わる聴こえ方を調整できるかなどもチェックしていきましょう。10日ほどレンタルをして聴こえ方を確認するほか、装着方法やメンテナンスの練習などを経て購入を決めると失敗しません。

広告募集中